ピラティスを実施すべき身体

神楽坂ピラティス

神楽坂のピラティススタジオHaleの代表嶋崎です。
さて、今日はピラティスを実施すべき身体について
語ろうと思います。

仕事で固った身体

はい、デスクワークの日常で運動不足の人たちは
身体からのSOSを感じてご来店される方々が多いです。

肩こり、首の痛み、腰痛

今の自分の身体がどうなってしまっているのか
わからないけれど、よろしくない
そんな方々が多いように思います。

動く準備のできていない身体で
いきなりランニングや
ガツガツ筋トレをしても怪我をする人の方が
多いのは当たり前です。

ベースには筋肉の柔軟性と
適切な関節の可動性が必須だからです。

そんな人はリハビリのために生まれた
ピラティスから始めるのをお薦めしています。

筋力に自信がない人


身体は筋肉と骨と靭帯で骨格を成しています。
筋肉があることで動き、支えることができています。

運動するために作られた身体なのに
運動できていないと、身体は痛みやだるさとして
SOSを発します。

筋力がない人は
腹筋や腕立て伏せ、スクワット、ランニングなどの
よくある運動をいきなり始めると怪我につながります。

子供の時にできたなんともない運動は
運動不足により失った筋バランスのままだと
怪我を引き起こす運動に過ぎないのです。

悲しいですよね、、

けどそんな人こそリハビリのために
生まれたピラティスがお勧め。笑
売り込みすぎる。けどそのくらいお勧めです。

ムキムキになりたくない人

安心してください、そもそも
ムキムキになるためには
誰かと結婚生活を送る並みに
生活に筋肉を盛り込んだ努力の日々を
過ごさない限りムキムキになりません。笑

ピラティスももちろんそのような
トレーニングではありません。
機能的で無駄のない筋肉がつきます。

膝の痛みや腰痛、肩こり首こりが出やすい人

姿勢を構成している筋肉の正しい働きや
柔軟性を引き出すのがピラティスです。

動物である人としての動きを失うような
長時間のデスクワークや、運動不足の人。

正しい筋肉の状態ではなくなってしまい
骨の配列(不良姿勢)に陥り、悪循環に
なってしまっている人がほとんどです。

姿勢を支えるインナーマッスルを
しっかりと活性化し、機能させることで
本来の働きを取り戻すことができます。

これはもちろん可逆性の強いものなので
日々の運動や、ケアが大切です。

ピラティスを自宅で実践していただける人が
一人でも増えていただけたらと思います。