長期的視点で健康を考える

はい、また久々の投稿になってしまいました。
ピラティススタジオHale代表の嶋崎です。

今回も無理せず最近思うこと考えることを
ここに書いてみようと思いますっ

さあ行ってみましょう!

長期的視点で健康を考えるとは?

人生100年時代という言葉が出てきた
この時代、長い目で人生を見て
健康を意識しましょうということです。

私はまだ32歳で、もやしの中のもやし
なので偉そうなことは言うつもりは
ありません。

20代から上は84歳、さまざまな年齢や
生活習慣の人の身体に触り、みてきました。

その上で

「こういう生活を積み重ねると
より長く健康でいれるんじゃないかなあ」

と、ただの妄想の戯言を書いていきます。

※これはあくまでもなるべく
元気に長生きをしたいと
考えている人に
読んでいただきたいと思います。


今の生活習慣を経て
数年後にあなたの身体は
どうなっていますか?


なんとなく想像はできると思います。

健康診断の結果や、体力の変化
今の健康に対する取り組みなどの
傾向から想像すると思います。

ジムに通っているから健康なのか?
ピラティスを習っているから健康なのか?
野菜や魚をたくさん食べているから健康なのか?

全ては運動、食事、睡眠、良好な対人関係
これらのバランスが大事だと思います。

健康とは?

私の考える健康とは、「心身が元気な状態」です。

しっかり寝て、ちゃんと食べて、程よく笑って
程よく動く。


これらの行動は動物である我々人類の健康に必須な
項目だと考えます。
運動、食事、睡眠、良好な対人関係

身体の仕組みがそれらで円滑に機能する様に
なっているのでもう従うしかないんです。

そうしないと身体には少しずつストレスが
蓄積して、疲労が溜まり、痛みや不調が
出現し、病気になったり
不健康になっていくんだと思います。


あそこが痛い、こっちが調子悪い
朝の目覚めが悪い
集中力がない、やる気が出ない
だるい

病気までに至らないこれらの症状は
きっと

しっかり寝て、ちゃんと食べて、程よく笑って
程よく動く


のうちのどれか、もしくは全てが足りないんだと
思います。

具体的に

気分だけでなく身体が喜ぶことを
とにかく実行していく。

心身が喜ぶ、両立できる行動を選択していく。


具体例を出すと
楽しく運動できる趣味!
など

食事で言えば
甘いものは大好き、けど
そんなんばっかり食べてたら
血糖値上がりまくって内臓に負担がかかり
病気になる。

↑気分は喜ぶけど身体は全く喜んでませんよね。


低糖質スウィーツを食べる!ことにしたり

運動直前の摂取にする!など

Winwinできますよね。うぃんうぃん

みたいな感じですかね。

とりあえず僕が関わってきた人たちを
見返すと
とにかく運動頻度、量、質が
よろしくない方が多くいました。

まずはしっかりと一日1万歩歩くことから
はじめましょう!

その上で足りない体力を身につけるために
ピラティス始めましょう。笑

ちゃんちゃん