ピラティスとは

Young sporty woman practicing, doing crisscross exercise, bicycle crunches pose, working out, wearing sportswear, black pants and top, indoor full length, white sport studio

パーソナルトレーニング&ピラティススタジオHaleでは
トレーニングメソッドとして
ウェイトトレーニングだけでなく
ピラティスを取り入れています。

もちろん、お客様の身体のお悩みに
合わせて。

今回はそんなピラティスメソッドのについて
よくわからない人のための記事を書いてみようと思います!
(わかりやすく書けるかな)
さあいってみましょう!

リハビリテーション

ピラティスは、ざっくり言えば
リハビリトレーニングです。

「リハビリ」とは怪我、術後に
弱った身体の機能を取り戻すために
行われる運動療法のこと。

怪我人でもできる体勢
◆仰向け
◆横向き
◆うつ伏せ

ヨガは関節や靭帯に頼るような動きが多く、初心者の人は
怪我をする人をよくみます。
・腰が反りすぎる
・肘が伸びすぎる
・膝を伸ばしすぎる

などでできる種目、立って行う種目まで
あらゆる動作を練習します。

リハビリが主軸にありますので
普通の筋トレと違うところは
「地味で難しい」
ところです。笑

身体は一つの動作で、複数の関節、筋肉が
機能します。
怪我などで一つの筋肉の機能が低下すると
バランスが崩れ、そのほかの筋肉に負担が
かかります。

肩こりから負のスパイラルに入り、不調が
腰に及ぶ人もいます。

腕を挙げる、しゃがむ、階段をあがる
などの動作を再学習し、働くべき筋肉を
機能させる訓練をすることで、再び
痛みのない身体を取り戻す。

こんな感じでしょうか

ヨガとの違い

よく言われるんですが
『ヨガと何が違うの?』

ヨガ=動きながらのストレッチ
ピラティス=鍛えながらのストレッチ

わかりずらっ!笑

ピラティスのほうが筋肉への負荷があるということです。
関節や靭帯を痛めないように細部の動きに注意して
筋肉をちゃんと働かせて動作を行うのでとても疲れます。

ヨガは柔軟性や可動域を重視しますが
ピラティスは正しいフォーム、姿勢を重視します。

説明難しいいい。

どんな人がやるの?

身体を安定させる体幹力と身体の機能を高める
ことができるので、スポーツ選手、ダンサー、
パフォーマー(サーカスの人など)が多く

そのほかは、産後の身体のケア、腰痛出やすい人
肩こりで悩む人、運動不足で運動初心者の人

などには人気があります。

ピラティスはゴリゴリマッチョ系エクササイズを
やらないので、筋肉や関節、靭帯以外の
心臓、血管系にも負担が少ない傾向があります。

諸々運動が得意ではない人にはハードルは低く
よろしいのではないでしょうか。