睡眠の質をアップデート

今回は睡眠についての記事をアップデートします。

最近夜ご飯あんまり食べてないんです私。

睡眠の質を高めるためです。

日本人は平均の睡眠時間が先進国28ヶ国の中で最下位なのは

ご存知でしたか?

簡単にいってしまえば働きすぎ

ということでしょうか?

睡眠時間の長さではなく質

睡眠時間が確保できないことについては

働き方改革に委ねるしか無いとして

睡眠の質はだいぶ向上させることができると

私は思っております。

要はどれだけ身体がリラックスして

深い睡眠を取れているかという点ですね。

ここを向上すれば今の睡眠時間だけでも

もっと目覚めよく1日がスタートできるかもしれません。

理想の入眠状態

シンプルに「副交感神経が優位の状態」

これに尽きます。

自律神経(交感神経と副交感神経)についての記事

どれだけ心身がリラックス(脱力)

できているのかということです。

この副交感神経のスイッチを入れる方法が

多数あるのでそちらをご案内いたします。

副交感神経のスイッチを入れる

・ぬるま湯の入力

熱いお湯だとリラックスとは逆のスイッチが入ってしまいます。

ゆっくりと浸かり、身体を芯まで温めることで

後に睡眠導入効果を引き出します。

・ストレッチ&マッサージ

筋肉の緊張は心の緊張とリンクしています。

単純に凝っている筋肉を伸ばす、ほぐすことで

リラックス効果が高まります。

・夜のノンカフェイン

カフェインは体内に5-8時間残存すると言われています。

夕方以降は飲まないことをお勧めしています。

・PCスマホのブルーライトのカット

ブルーライトは脳を活発にさせる光です。

暗くしてもブルーライトは脳が感知してしまいます。

夜はなるべくブルーライトカットモードにして

スマホやPCはいじらないようにしましょう。

・部屋の暗さ

人間はちょっとした光でも目覚めやすく作られています。

寝る前の部屋は暗ければ暗いほど良いでしょう!

・寝る前3時間前に食事を済ませる

消化吸収スピードは人によっても食事の内容によっても

違いますが、だいたいこの時間をまもって

おけば間違い無いと思います。

食事をすると内臓がたくさん働きます。

消化吸収にエネルギーを使うと

疲労回復に使われるエネルギーが不足します。

超単純な表現してます。笑

けどそういうことなんです。

基本的に夜は少食がおすすめです!

油物やたくさんのお肉は

消化吸収のスピードが遅いので

避けるといいと思います。

もちろんお酒も。

・ハーブティーなどのノンカフェインドリンク

寝る前の暖かいドリンクは内臓を温めリラックス

を促進します。

さらにいい香りのするハーブティーは

ノンカフェインのものがほとんどで

お勧めです。

私のおすすめはカモミール。

日中もずっと飲んでおります。