ストレス症状の緩和で睡眠効率をあげる

こんにちは。

今回はストレス症状のメカニズムと

緩和方法、ストレスと睡眠について

簡単に記事を書きました。

睡眠の重要性とは

・成長ホルモンの分泌

筋疲労の回復

脂肪燃焼

肌のターンオーバー促進

 

・性ホルモンのバランシング

生理周期の改善

男性機能の改善

 

・脳機能のリフレッシュ

記憶能力の向上

集中力の向上

などなど

もっとたくさんのことが

睡眠を引き金に活性化されます。

睡眠を邪魔するストレスとは?

ストレスの定義は難しいですが

ここでいうストレスは

「イラっとすること、緊張すること」

と定義して書きます!

ストレスとは交感神経を優位にし

心拍数を上昇させ、体温を上昇させ

汗をかかせます。

「いやな汗」はこれですね。

さらに毛細血管を収縮させ

手足などの末端の血流を悪くします。

顔色も悪くなり、青白く見える人もいます。

ストレス症状

上記の原因から下記の症状が出てきやすいです。

肩こり腰痛が酷くなる、末端が冷える

食欲が爆発する、眠りが浅い

などなど

いいことは1つもありません。

飲んで食ってストレス発散だ!!

となる気持ちはとっってもよくわかります。

ストレス症状を緩和させる

自律神経の交感神経と副交換神経について

リンク記事:自律神経を整える

副交感神経を優位にし、交感神経の働きを

沈めることで身体は休まり

疲労回復の働きが増します。

リンク記事の内容を参考に日々の

リラックスルーティーンを

確立して頂きたいです。

より、アクティブな毎日を過ごしましょう!