パーソナルトレーニングでの食事指導

パーソナルトレーニングでの食事指導

こんにちは。

今回はパーソナルトレーニングでダイエット目的の方に、食事指導をする内容を簡単に書かせて頂きます。

食事内容

食事内容で気を付けるポイント

・油物

揚げ物、チーズ、料理に使用する油、マーガリン、バター、肉、魚の脂など

・甘い物や糖質の多い炭水化物

果物、お菓子、ジュース、砂糖、シロップ、はちみつ、お米、麺類、パスタなど

私がダイエットをした時は、大好きでいつも特盛だった炭水化物を毎食おにぎり半分くらいにしました。

その代わりに空腹感が出ないように、沢山の低カロリーなお惣菜を沢山食べるようにしました。

お惣菜で、脂肪燃焼に必須のビタミンやミネラルなどをしっかり補います。

そして炭水化物を抑えた分、食物繊維が不足しやすいのでその分も補うことができます。

便秘、停滞期知らずのダイエット方法だと確信しています。

食事のタイミング

・夜遅くに食べない、寝る3時間前には食べ終える

食事の後の消化吸収には3時間かかると言われています。

目安の3時間ですが、この時間内に就寝するということは食べた物のカロリーを全く消費しないまま寝てしまうということになります。

・食べる前に運動をする

少しでも運動をする事で、その後食事で摂取したエネルギーを皮下脂肪にする効率を下げることができます。

・朝昼晩を基準になるべく、等間隔で食事をする

食べ方

・よく噛む

満腹感を生み出すホルモンを満腹中枢が生成するためには、よく噛むことが大切です

・野菜などの食物繊維の多いものや、お肉や魚などのたんぱく質から食べるようにする

炭水化物などの糖質から先に食べてしまうと、十二指腸にて直ぐに分解された糖質が吸収され、血糖値が上がりやすくなります。

食後のぼーっとする感覚、眠くなる感覚、直ぐにお腹が空いてしまうのを防ぐためにも、血糖値を急に上昇させるのは好ましくありません。

ぜひお試しください、これは簡単に体感出来ます。